鍵を紛失した時の対処

鍵をなくした時は、まずどうするか

セキュリティカメラ

「鍵を紛失した」という話をよく聞く。 そういった場合、まずそれを家の外で紛失したのか、家の中のどこかにあるのかを考えなければならないのである。 家の中にあると断定できない場合は早急に家の鍵を交換することをオススメする。 不特定多数の誰かの手に渡ったら、家の防犯上良くないことは自明である。 私も実際鍵を1度紛失したことがある。 鍵を取り替える際の出費と泥棒に入られた際の痛手を天秤にかけた際、私は鍵を取り替えた方が良いと考え自宅の鍵の取替えをおこなったのである。 泥棒に入られる際、金銭的な被害だけでは済まないことも十分に考えられるのである。泥棒と鉢合わせしたとき、身体的な被害を被る話はよくあり、最悪の場合 命を落とす可能性さえも存在するのである。

近年開発されている新しい技術

近年、新しいタイプの鍵が開発され、注目されている。 従来の2次元的な形状ではなく、3次元的な凹凸を加える事によって複製を防ぐというものである。 また、「指紋認証システム」も最近よく使われるようになっており、指紋を失わない限り鍵を紛失することがない。また、複製も難しいため防犯上の安全性は高いのである。 これは、まださほど広く普及はしていないが「声紋認証システム」というものもある。このシステムは声を失わない限り鍵を紛失することはなく、声の調子が悪い時でも本人を認識することが出来るのである。このシステムの制度は年々上がってきており、これも防犯上の安全性は高いのである。 このように、手に持つタイプのキーではなく、自分の体自身がキーになる時代も近いのではないだろうか。